2018年01月27(土)〜28(日)の2日間、日立製作所オープンラボ横浜で行われる「自然言語理解技術と新聞記事を活用した経営支援アプリ開発ハッカソン」の運営にブリリアントサービスが協力いたします。

自然言語理解技術と新聞記事を活用した経営支援アプリ開発ハッカソン

本ハッカソンは、参加者がグループワーク形式で、日本経済新聞等のテキストデータを活用したアプリを設計し、日立様のディベート型AIの言語理解機能を活用し実際に開発するイベントです。

最新の自然言語理解技術が簡単に使えたら、新聞や白書等のテキストデータを組み合わせて経営に役に立ちそうなアプリケーションが作れるかも、と感じていませんか? テキストデータの収集や、それをデータベースや検索エンジンに格納して使えるようにするまでには時間と労力がかかって、まずもっと手軽に試してみたいと感じていないでしょうか? またテキストデータなどの非構造化データの処理や言語理解技術の専門家が周囲にいないため、始めたくても始められないと感じていないでしょうか?

このような方向けに言語理解技術の可能性を探る機会として、ハッカソンが開催されます。

  • 日本経済新聞等のテキストデータがデータベースに格納されており、すぐアイデアを試せます
  • REST APIですぐに言語理解技術が使えます
  • 日立様の研究者や技術者が、技術の使い方やアイデアの実現の仕方をサポートします

イベント概要

開催日2018年 1月 27日(土) 9:00‐18:00(8:30開場)
2018年 1月 28日(日) 9:00‐17:00(8:30開場)
※2日目終了後、懇親会あり(任意参加)
会場日立製作所オープンラボ横浜(神奈川県 JR戸塚駅 徒歩10分)
http://www.hitachi.co.jp/rd/about/location/yrl/index.html
定員35名程度(学生7~10人)
参加費無料(会場への交通費・宿泊費(必要な場合)は参加者負担)
主催株式会社 日立製作所 研究開発グループ 基礎研究センタ

イベントの詳細や参加のお申込みはこちらから

ご相談、お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ