2017年6月7日(水) 〜9(金)まで幕張メッセで行われる 「Interop Tokyo 2017」にて、「リモートリレー翻訳」のデモを展示します。

■リモートリレー翻訳について

「リモートリレー」は、パソコンの前にいる教育者が、メガネ型ウェアラブルデバイスを身につけている現場作業員の視線を確認しながら指示を送ることができるソリューションです。
「リモートリレー翻訳」は、海外の現場作業員に指示を送るような状況を想定し、教育者の発言がテキストで翻訳された状態で、ウェアラブルデバイスに表示されます。
Interopでは、日本語で話す教育者の会話を英語に翻訳し、ウェアラブルデバイス(ReconJet Pro)へ表示するデモを行います。
※当日はWiFiの混線が予想され、体験いただけない場合もございますのでご了承下さい

展示場所

「リモートリレー翻訳」は、「日本Androidの会(7ホール 7B26)」のブース内で展示します。

Interop Tokyo webサイトより抜粋

ご相談、お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ